ラトビアの下町ボブスレー・BTC社とは?

 ネット上で下町ボブスレーが話題になっている。例えばこちらなど。その中でラトビアの下町ボブスレーとして言及されているのがBTC社であるが、英語記事がほとんどないとのことで、ロシア語記事で何かないか探してみたが、やっぱりほぼない。ただ、こちらに少し情報があったので、以下に雑に訳しておきます。

 ボブスレー技術センター(BTC)は2000年にラトビアの首都リガで設立され、ボブスレーの製造をしている。ラトビアのソリ製造の歴史はソ連時代の1980年代初頭に遡り、リガの自動車工場でソ連代表チームのために技術を提供していた。これまでにボブ(車台)はロシア、アメリカ、日本、ポーランド、スロベニア、イギリス、オーストラリアのチームに、スレー(ソリ)はドイツ、スイス、カナダ、オランダに供給されている。

 こちらによると「ボブスレーbobsleighの名前の由来は、スピードが増すにつれて選手の上体が前後左右に振れる(ボブbob)そり(スレーsleigh)ということから名づけられたとされる」とのことだが、原文ではボブとスレー(?)の供給先が別々に列挙されているのが謎。そういうもんなんか。

 記事は2013年のものだが、BTC社から日本にも提供されているとあり、別に昨日今日ではなく、実績あるメーカーだったのではないか。

 こちらは2013年のラトビア語の記事で、ラトビア語は全くわからないが、Google翻訳をかましてナナメ読みしたところ、同じく2000年にリガのElvira通りで設立されたとあり、この時点で従業員は5人(日本語記事だと6人とあるので、この間に一人増えた?)でソチ五輪では6チームに供給したとあり、年間製造数はせいぜい4台なのだとか(間違っている可能性あるので注意!)。

 ちなみに前の記事は各国でどのメーカーのボブスレーが使われているかが列挙されており、2013/2014シーズンではBTCがベルギー、イギリス、ラトビア、そして日本で使用されていることが記されている。BTCが席巻しているという情報があったが、見ているとオーストリアのStampfer、ドイツ・バイエルンのSingerなどからも提供されており、各国しのぎを削っている様子がわかる。また、一つのメーカーだけの国もあれば、複数のメーカーのを使っている国もあることがわかる。

 Shitamachiも記されているが、提供先は日本のみとなっている(2013/14シーズンの話です。為念)。一番下にShitamachiの説明もあったのでざっと訳しておきます。

 Shitamachi これは日本のダウンタウンを訳した言葉で、Junichi Hosogai氏が率いる純粋に日本のプロジェクトである。日本ではボブスレー人気はまったくないが、このことは東京のエンスーたちがボブスレー2を作るのを妨げなかった。2013/14シーズンの初めまでにすでに第二世代のボブスレーを制作している。プロジェクトの主目標は2018年のオリンピックでよい結果を残すことである。

 すでに以前からこのプロジェクトは2018年の成功が主目的のプロジェクトであることが世界的にも周知されていた模様。なので、それが叶わなくなる、というのは、プロジェクトが大失敗であることを内外に示すことになり、なりふり構わず訴訟沙汰にしてジャマイカチームにせめて使ってもらうだけでも、という動きを見せたが、結果として、こうして日本中にここに至る背景、特にボブスレーへの愛もないままに突っ走っていたことが露見してしまい、大炎上してしまった。

 うかうかしてると日本がまるごと下町ボブスレー化するぞ、などとうまいことを言っている人がいたが、本当にそう思う。いろいろと今の日本を象徴している出来事だったと思う。

雪国の雪かき道具事情 基本はスノーダンプ、時々プラスコップ、ガチガチに凍った雪には鉄スコップ

 「アルミ製スコップが万能」「放水は絶対NG」 雪国民による雪かき道具の選び方がTwitterで話題という記事が出ていた。私も豪雪地帯に20年ほど住んでいた経験から書いてみる。

アルミスコップ

 記事にあるように、アルミスコップは軽くて大きくてそこそこ丈夫であり、私も住み始めた当初はこれをメインで使っていたが、徐々に使い勝手の微妙な悪さがあって、まったく使わなくなった。

 特に雪質によっては、スコップに雪がひっついて離れなくなることがあり、これが使わなくなった最大の原因。スキーやスノボにワックスを塗るように、スコップにもロウを塗るなどメンテナンスをするとしばらくはひっつかなくなるのだが、それも毎回はやってられず、より軽くて手軽なプラスチックスコップを使うようになった。

プラスチックスコップ

 アルミスコップに代わって使うようになったのがプラスチックスコップ。軽くて大きいことから手軽に使えるので、ちょっとした雪かきにはこれで十分。ただし、丈夫さはないため、ガチガチに凍った根雪には歯が立たない。スノーダンプが使えない場所の雪かきは基本これを使う。

鉄スコップ

 アルミスコップが登場するまでは鉄スコップが雪かきで一番使われていた道具。丈夫であり、土も掘れるのだが、その重さでヘトヘトに疲れる。ただでさえ重労働の雪かき仕事にあって、徐々に登場するシーンが減ってきた。

 しかし、今でも鉄スコップは必須といってもいい道具。特にガチガチの雪ではこれが最終手段となる。バール等を使う人もいるようだが、私の地域では温度は高めであるせいか、あまり登場の機会はない。スコップだと割ってすぐに運べるので、私には鉄スコップで十分だった。

 ちなみに先が四角いのもあるが、雪をくだく用途には向かないので、ほとんど使われない。

スノーダンプ

 雪かきというと、基本これ。作業の大半はこのスノーダンプが担う。

 雪かきとは人や車が通る場所の雪をどこか別の場所に運ぶことなのだが、作業効率上、できるだけたくさん運べる方がよい。となると、手作業の場合、このスノーダンプが最も効率がよい。

 スノーダンプにもちょっとした違いがあって、スコップ同様、プラスチック、アルミ、鉄製品がある。

 店頭でよく見かけるのは軽量安価なプラスチック製品。手軽なので当初はこれを使っていたが、すぐに壊れてしまうため、私は使わなくなった。

 通称「ママさんダンプ」は女性でも扱いやすい小型のスノーダンプ。雪というのは降りたては軽いのだが、少し放置しておくととたんに重くなるので、小型の方が使い勝手がよい面がある。

 アルミダンプはスコップ同様、そこそこ軽量でそこそこ丈夫、という中途半端さがメリットであり、デメリットでもある。

 結局、最終的に行き着くのがハードユースに耐える鉄製のスノーダンプ。値ははるが、丈夫で長持ちするので、結局、これを一番よく使っている。サイズもいくつかあるので、自分の体格にあったものを選ぶのがよい。

 スノーダンプの利点はとにかく一度に多くの雪を運べることで、時間対効果を考えると、スコップなんてやってられない。ただし、雪かきは重労働であり、自分の体格に合わない大きすぎるのを使うとそれだけくたびれるのも早くなるため、サイズ選びは重要。

 よくばって多くの雪を運ぶのも考えもので、新雪ならよいが、水分をたっぷり含んだ雪を処理する場合は、少なめにするのが基本。あまり重い雪だと運ぶのに体力を消耗するため、加減が大事。

 安価なスノーダンプはたいてい持ち手とダンプの接合部分が「く」の字になっているのだが、角の部分に大きな負荷がかかるため、大抵はそこがダメになる。その点、鉄製スノーダンプはダンプ部分と持ち手が斜め直線のパイプでつながっていて、その部分がやられることはない。初期導入コストはかかるが、結局長持ちする。

 鉄のデメリットはちゃんと手入れしないとサビること。私のもサビてしまい、先が曲がってしまっているのだが、その状態でも使えなくはないので、まだまだ現役で使えている。

除雪機

 スノーダンプよりも楽で、かつ、作業効率がよいのが除雪車。しかし、ランニングコストや初期導入コストが馬鹿にならんので、一家に一台というわけにはいかず、持っている人は限られてくる。しかし、近所に持っている人がいると共有地の除雪をしてくれたりするので、実際助かる。

まとめ

 市町村合併後、私の家の前も除雪してくれるようになって、以前よりは除雪に時間はかからなくなった。以前はひどいときは数日連続で毎日数時間雪かきにかかりきりになることがあった。雪国はつらいよ、とはよく言ったもので、これからの人口減少社会、ますます人の流出が激しくなるだろうが、私のように街育ちの者でも20年特に大きな不都合なく住み続けることが出来たので、これからは、移住者がどれほど来てくれるかがポイントじゃないかと思う。雪は以前ほどには降らなくなっているし、住めば都で良い面もあるので、滋賀北部の山村移住に関心ある方はよろしければ連絡ください。

高速道路上で立ち往生した話(原因はなんとクラッチ摩耗)

 少し前のことだが、仕事中に嫁さんから電話がかかってきて、何事かと思ったら、かなり切迫した様子で、なんと高速道路上で立ち往生している、という。クラッチがつながらない状態になっており、まったく車が動かせない状態になっているらしい。しかも、4車線あるレーンの左から3車線目で立ち往生しており、左も右も車が通り過ぎていて、子供二人を抱えて避難するのは無理だという。

 とりあえず警察は呼んだから、レッカー手配して、との連絡を受け、仕事中ではあるが、JAFに連絡したりするなどして、ひとまず警察の到着待ちという状況になった。

 何か出来るわけでもないので、一旦は仕事に戻ったものの、さすがに今の今、妻子が高速道路上で立ち往生してるという異常な状況では仕事が手に付かない。0歳児の乳児と3歳の幼児の世話などもあるので、急遽仕事を早退することにし、現場方面へ向かうことにした。

 電車内では、比較的空いていることをいいことに、車両の一番端っこに行って、JAFとの連絡のつづきや保険会社との連絡その他をしていると、警察が来て、引っ張っていってくれることになったとの連絡が入り、ひとまず胸をなでおろした。

 通常、レッカーまではしてくれないようだが、乳幼児がいること、などなどを鑑み、特例として判断してくれたようだ。前後をパトカーに挟まれて牽引されたらしい。ありがたいことだ。

 つづいて、なんとか無事に料金所近くにある高速道路交通警察隊の事務所まで連れて行かれた、との連絡を受け、さらにそこからは最寄りのディーラーの店までJAFのレッカー車で運んでもらうことになったので、そのディーラーの店で落ち合うことにした。

 電車を乗り継いで、ディーラーの店に行って説明を聞くと、原因はなんとクラッチの摩耗とのこと。数ヶ月前に乗り捨てるつもりで購入した格安のマニュアル中古車なのだが、特にクラッチに異常を感じていたわけではなかったので、驚いた。

 嫁さんによると少し前にちょっと異臭を感じていたらしいので、前兆はあったのかもしれないが、最近のクラッチ機構は油圧式になって、少しずつ悪くなるわけでなく、突然逝ってしまうものらしい。

 車に詳しい人に聞くと、エンストをわざと起こしてみて、すぐに止まらなければ、クラッチが滑っていて、交換時期に来てることがわかる、とのこと。免許取り立ての頃から最初の2台はマニュアル車に乗っていたが、そういう点検方法があるとは知らなかった。

 車は人を殺すことも自分が死ぬこともありうる怖いもの、という認識を持っているつもりだったが、まだまだ甘かったらしい。前の車が割りとぞんざいな乗り方をしてても、18万キロまで大きな不都合なく乗れてしまったので、今回の車もそうだと無意識に思ってしまったが、中古車は前のオーナーがどんな乗り方をしていて、整備をどれほどしていたのか分からない状態で購入することになるので、改めて怖いなと思った次第。

 今回購入して驚いたのは過去の整備記録などは一切渡されなかったこと。以前購入したときは前のオーナーの名前などもそのままに引き渡されていたが、個人情報保護の流れもあり、そういうのは販売時破棄することが多くなっているとのこと。

 新車など買う懐の余裕はないものとしては、せめて整備記録の引き継ぎぐらいはして欲しいと思うが、どうにかならないのか。クラッチについては乗り方にもよるが、7万キロ程度で交換するものらしい。今回の車は購入時点で10万キロを超えているものだったが、これまでに一度は交換されていたのか、それともそろそろ交換時期に来ていたのかさっぱり検討がつかない。まずいことにクラッチは中の状態を見るには、かなり大変な作業を必要とするらしく、素人は手を出せないところ。なので、せいぜい出来ることはエンストチェックぐらいなものとなる。

 今回、妻子が無事救出されたからよかったものの、もし追突事故などにあっていたら、と思うとゾッとする。今回の場合、停止したときにたまたま後ろにトラックが来ていたのだが、現場はゆるやかな上り坂になっていたため、いろいろやっているうちに少し下がってしまって、ちょっと接触したらしい。そのためか、トラックも現場から走り去らず、一緒に待つことになった模様。なんでもトラックの運転手は若い女性だったらしく、路上でアイコンタクトでコミュニケーションを取り、子連れであることなど事情を把握してくれたらしい。

 煽り運転と誤解され路上に出た方が死亡したニュースがあったところで、少し前には桜川やっくんという芸人が高速道路上で死亡したというニュースもあった。しばらくは怖いので追い越し車線ではなく走行車線ばかりを走ることになりそう。

苦労や挫折が人に与える影響

 さて、1月も半ばを過ぎた。単調な毎日なのだが、ブログを書いている余裕などなく、どんどん月日が過ぎていく感じで。。。

 いちおー、出来るだけ毎月一つはブログアップしようとしていて、なんとなく日々思っていることを書きとめておく。

 昨日、たまたま コミュ力もリーダーシップもいらない。Googleが考える、本当に“優秀な人材“とは という記事を読んだのだが、以下のような記述があり、ほーと思った。

何年も試行錯誤を続けて「結局、何がパフォーマンスに繋がるのか?」を社内で研究しました。

まずわかったことは、Googleでは、「どんな大学を出たか」は入社後のパフォーマンスと相関関係がなかったことがわかりました。

次にわかったのは、「これまでの人生で苦労をしたかどうか」でした。人生の中で、戸惑ったり、脱線したり、事故にあたり、病気になったり、浪人したり、好きな人を失ったり…。

そういった苦労した人たち、挫折した人たちは、会社のなかでパフォーマンスを発揮していました。

挫折というのは、自分自身を見つめ直すチャンスです。アイデンティティを作り直す機会でもある。次のチャンスを、自ら探しに行く必要があると考えられるかどうか。

 戦争などの集団的なものであれ、上記の例のような個人的なものであれ、苦労や挫折というのは、進んでするものではないと私は思っているのだが、生きていると否応なしにそうした経験を多少なりともすることになる。その中には自ら招いた場合もあったりするが、そうではなく、自らの意志ではどうにもならない圧倒的な力で自分が侵食されるような経験というのがあって、そうした経験があるかどうか、というのは結構重要ではないか思う。

 私の交友関係には苦労知らずのボンボン系の人はまったくといっていいほどいない。私が嫌いだし、あちらもこちらとは考え方が違いすぎて、仮にしばしやりとりしても、フェイドアウトしていくことになるみたいで。

 苦労知らずでも、いい感じに謙虚さを持ち合わせてる人もいて、そういう人たちはいいのだが、概ね苦労知らずの人たちはムダに強い言葉をはきたがるし、自己顕示欲がそうさせるのか、ちょっと偏ったことや過激なことを言ったりするものの、私の胸には全然響かない。そのくせ、妙にプライドだけは高く、ちょっとしたことで大の大人にもかかわらず傷ついたりするもんだからめんどくさい。

 最近、ネットやテレビの話題を追うのがしんどい。ニュースを読むのにも「スルー力」が試されていて、面倒な世の中になったもんだなぁと思う。炎上狙いの人とか悪目立ちする人たちの方が「数字」が取れるもんだから、どんどんそういう系の人たちがメディアやネットで重用される悪循環となっていて、どうでもいい人のどうでもいいコメントを読まされ続けることになる。

 良記事も日々発信されているはずなのだが、なかなか発掘する暇が取れない私のところまでリーチしては来ない。何か自分が必要とする情報をいい感じに取捨選択できないか、などと最近よく思うが、なかなかそういうのを模索してる暇もない。IFTTTとか使って上手に取捨選択してる人もいるみたいだが、なかなか。。。

 いつからこういう感じになったんだろうか。ここで、唐突だが、第二次世界大戦を知る世代がほぼいなくなった、というのが、今の状況の遠因ではないかと考えてみる。いや、1945年以前生まれの人はまだまだ存命中ではないか、と言われそうだが、敗戦時にまだ子供だった人と実際に戦場に行っていた人や家族への食料調達その他諸々の責任があった人とではその意識に大きな隔たりがあると思う。

 私が学生時代によく読んでいたシリーズに「現代文学の発見」ってのがあって、その中に「証言としての文学」という一巻があるのだが、その表題からするとノンフィクション系のが集められていることが想像されるものの、実際に収められているものは、ほぼ戦争を背景にしたものばかりなのだった。そして、どれもが極限状態での人間の行動を描いていて読後もずっしりと自分にのしかかってくる。私は戦争などもちろん知らないのだが、やはり戦争体験をした世代というのは、絶対に戦争は嫌だ、という信念があり、それが共通体験として共有されていたんだろう。そうした意識が諸々の判断をする際に歯止めとなり、最低限の倫理観が相互に働いていたように思う。

 その後続世代はそういうのがないので、倫理観もへったくれもなく、結局、数字ぐらいしか依拠するところがないので、数字で功績をあげた人が重用され、そういう人がさらにそういう人を重用するので、効率や利便性ばかりを求める今のような世の中になった、ってところではないだろうか。

 多分、これは世界的傾向でどこも似たようなもんだから、フェイクニュースがどの国でも幅をきかせてるようだが、話を戻すと、グーグルのような最先端企業で上記のような社内研究結果が出ていた、というのは大変興味深いことで。グーグル、アマゾン、アップル、フェイスブック・・・、などなど、IT界の巨大企業はどこかうさんくさいところがあるのだが、その中でグーグルは私の中では「邪悪になるな (Don’t be evil)」というのを社是に掲げているだけあって、他の3社よりはちょっとだけマシなんじゃないかと思うことがある。グーグルには完全に私の生活が把握されてて、悪用されたら怖いんだが、今のところ、信頼しすぎず、利用させてもらっている感じ。

 とりとめのない話ですんません。この週末は物が散乱しまくっている家の大掃除をすることになってるので、今日はこの辺で。

追記: 2015年記事でこんなのがあった。「Don’t be Evil」から「Do the Right Thing」へ、Googleの新しい行動規範が公開されたことが判明 巨大企業になり、グーグルも変わらざるをえないってところだろうか。

ストレングスファインダーというのをやってみたところ、結果は「収集心 学習欲 内省 着想 個別化」となった

 今年も最後の日となった。今年は次男が生まれ、ますます自分の時間が取れない状態が続いているが、長男・次男とも日々成長しており、その様子を間近で見られるのはやはり幸せなことだと思う。(り○んの話とかが現実としてあったので)。

 淡々と平日は仕事をし、休日はたまった家事や育児をこなす日々で、文化や芸術の香りのする事柄からは遠く離れている。そういうものに月一でも触れるようにしたいところだが、今はそういう状態に慣れてしまったのか、欲求自体が少なくなっているようで、そのこと自体はそんなにつらいことではなくなってきた。ただ、いろいろと勉強したいのに時間が取れないのがつらいところ。

 これからどうやって妻子を養っていくかを考えていたとき、普段はあまり読まない書店のビジネス系の本のコーナーに行って見つけた「ストレングスファインダー」という本を買ってきてやってみた。これは自分の強みがどこかを様々な設問から探るというもので、以下のような結果が出た。うーむ、痛いところを付かれたなー、というのが正直なところだった。

  • 収集心
  • 学習欲
  • 内省
  • 着想
  • 個別化

 これが意味するところは、公式サイトストレングスファインダー.comなどを参照してもらうとして、自分の感想を述べておくと、収集心や学習欲がツートップというのは、なんだかなー、ということで、要するにコレクター気質で勉強好きということらしいのだが、ちょっとなんというか、そういうのがトップに来るのが恥ずかしい感じ。

 勉強好きは、あんまり自分ではゆわんが多少分かってたこと。ただ、コレクター気質がある、というのはあまり自覚してなかったかも。自分ではそれなりに捨ててる意識はあるのだが、実際、今の狭い家は本その他諸々でもう収納スペースが厳しくなっている状態で、もっとどんどん捨てていかないといけないのかもしれない。

 他の「内省」や「着想」も「思考資質」であり、こちらのサイトによると「思考資質に4つ以上が偏っている人は、本を読む、情報を集める、分析する、企画を練るなど、人とかかわるよりは1人でパソコンなどに向かって仕事する方が向いていると言えます」とのこと。

 だいたい20代からやってきて、今もやってる仕事は概ねIT関連の仕事で、さらに細かく言うなら、設計からプログラミング、テストあたりまでなのだが、それらは決して不向きではない、ということなのだろう。

 自分としては、特に得意だと思っているのはSQLでDBからデータを引っ張ってきて、あれこれ分析したりするような分野なのだが、実際やっていることは昔も今もコーディングがメインとなっている。多分、気質的には上流工程メインでやった方が自分の資質を活かせるのだろうけど、コーディングをしていない状態というのが嫌なので、この状態は割りと性に合っていると思っている。

 ただ、いつまでもこれで食っていけるんかなぁ、というのはあって、先々のことを見据えつつ、ジョブチェンジを模索しているのだが、結局、世の需要もあり、自分も嫌いではないこの業界がやっぱり第一となってしまう。

 30代半ばから40代にさしかかるまで、個人でドキュメンタリーを制作すべく、チェルノブイリに行ったり、福島にも足を運んだりしていたが、ちょっと今は家と仕事で手一杯でとてもそちらに手が回せない状態になっている。ただ、こちらも、というか、こちらこそ、自分としてはライフワークとしてやり続けたい事柄であるので、育児が一段落するタイミングでまた活動を再開したいと企んでいるが、当面はちょっと厳しい。

 一応、過去映像の整理はスキマ時間を使って、少しずつでも進める予定でおりますので、関係各位の皆様、ご迷惑をおかけしておりますが、気長にお待ちいただけますよう、どうぞよろしくです。

 それでは、皆様、良いお年を!

※古書だとアクセスコードが使えないのでご注意を!

Yoshiro Miyagoshi Website