「時事」カテゴリーアーカイブ

日本ではもうロスジェネ以降の世代が各界で決定権を握るまでは身を切るような改革は無理なんじゃないか

 「「期待されてない……」育休明けに落ち込むワーママへ キャリアカウンセリングから脱出策を考える」という記事でこんなことが書かれていた。

会社側の問題としては、各職場の管理職がダイバーシティ思考に変化できていないことが挙げられると思います。かつ、そのような会社の管理職はこれまでの成功体験や価値観が根強く、簡単には変化しないことも考えられます。

 その昔、バブルという時代があって、その時期に、人によって大きく差はあるものの、概ねいい思いをしてるのをなんとなく私は知っている。すぐに分かる例は就職についてのことで、私が大学に入学したあたりぐらいがバブル絶頂期で大学の先輩方は内定取り放題で選ぶのに苦労する、という今からすると信じがたい時代を目撃している。また、1990年前後だったと思うが、たまたま人伝に紹介してもらったイベント設営のバイトで時給2000円(それだけでも私の中では破格)で22時間連チャンで働き(というかそんなことは出来ないので最後はみんな寝ていたが)、一日で44000円稼いだことがある。私は学生時代、バイトばかりしてたものの、こういうバブルっぽいのからほど遠い底辺バイトばかりしてたので、こうした経験はほとんどないのだが、バブル期にがっぽり稼いでうまく売り抜けたような人が「いろいろと狂っていた時代だった」というのを何度か聞いたことがある。

 人は20代、30代に培った経験を元にその後の人生を生きていくものだが、ざっくりバブル頂点の1990年に20歳から40歳だった人というと1950年から1970年生まれの人が当てはまり、そして、今、各界で決定権を握っているのがざっくり50歳から70歳ぐらいと仮定すると、だいたい1947年から1967年ぐらいとなり、バブルで若い時期においしい思いをした世代とかぶることになる。

 数値的裏付けなどないし、世代としてくくってもそこからこぼれ落ちる人が山ほどいるのも承知しているが、概ねバブル期にいい思いをした世代は自分が死ぬまで日本がなんとか今の状態を保ってくれたらいい、というような逃げ切りマインドになっていて、自分の身が切られるような変革を拒む傾向があるように思う。時代の追い風があったという認識はあったとしても、自らの成功体験が何となく価値観のベースにがっちりと敷かれていて、ダイバーシティの必要性を頭では分かっていても、実際の施策として採用されない、というようなことがあちこちで起こっている。

 そんなわけで、最近、タイトルに書いた「日本ではもうロスジェネ以降の世代が各界で決定権を握るまでは身を切るような改革は無理なんじゃないか」と思うことが多くなった。(ちなみにロスジェネ世代は1971年から1981年を指すのだとか。私はロスジェネは自分よりもう少し下だと思ってたが、自分もロスジェネにギリギリ入ってると初めて知った次第。)

 しかし、それまで何年待たなくてはならないのか。そんなわけで移民という話が出てくるわけだが、前回、移民についての記事を書いたところ、私より若い世代の方がリアクションくれて、周囲でも移民の話になるんだという。実際、日本からなかなか出られない、って結論になったりするようではあるものの、日本でも頭脳流出が現実味を帯びて来始めているのかもしれない。

アレクセイ・バターロフ出演の放射能の危険性を描いた映画『一年の九日』や『鶴は翔んでゆく』について

 バターロフが亡くなった。私がバターロフを初めて見たのは「一年の九日」だったと思う。1年のうちの9日に焦点を当てたもので、監督はタルコフスキーの師匠のミハイル・ロンム。この映画は放射能の危険性を描いた映画でもあり、ロシア映画社の一年の九日(ДЕВЯТЬ ДНЕЙ ОДНОГО ГОДА)の記述のネタバレにならない部分を以下に引用しておく。

1960年代、シベリアの地方都市にある原子力研究所。核融合の重要な実験が進行している。この実験は危険と隣り合わせで、有名な物理学者シンツォフも実験中に浴びた放射能が原因で命を落す。彼のもとで研究活動を続けている若い物理学者グーセフにしても同じ危険にさらされている。

 1961年の作品でちょうど大気圏核実験が盛んな頃であり、その翌年にはキューバ危機があった。核戦争の危機がリアルに迫っていた時代の映画で、ソ連側でもこのような映画が作られていたのだった。

 劇場で一度見たきりなので、また機会があれば見てみたいと思う。ちなみに、この映画は学生時代に日本橋の映画館で見たのだが、ロシア語を勉強中でこんなことしたらあかんのだが、館主に無理を言って、カセットテープを持ち込んで録音させてもらった、という記憶がある。今のご時世、こんなことは認められんだろうけど。

 バターロフは「鶴は翔んでゆく」にも主演俳優として出ている。この映画のカメラワークは有名だが、やはりすごいもので、ストーリーも私の好きな部類の話。以下に、10年前に見た時のメモ書きをそのまま載せておく(ネタバレ危険につき、未見の方は読まないで!)。

かなり昔に見た記憶があるが、流麗なカメラワークに目を奪われ、内容の方は昔の邦題の「戦争と貞操」の話なんだな、程度の感想しかもてなかった。しかし、それなりに年を取った今、内容の方に注意が行く傾向が出てきたようで、主人公の悲劇がやるせなく、しかも最後にはその死が確定してしまい、その後彼女はいったいどのようにして生きていくのか、というところで、彼の戦友が「勝利の陰には死んでいったものたちがいることを忘れてはならない」という感動的な演説をし、未来の夫になるはずの許婚のために持ってきた花を隣に居合わせた初老の男性に言われて周囲の人々に渡していく様子は涙なくしては見られない場面だ。こういう話には弱い。カメラワークはもちろん、奇抜なカメラアングルもよく、「誓いの休暇」と共にこれから何度か見ることになるだろう。

 バターロフは他にもロシア語圏で大変好まれている「モスクワは涙を信じない」にも出ており、かなりな重鎮と言って良い存在だった。今、ざっとリアルタイム検索してみると、そんなには話題に上がっていないようなのだが、日本でも人気俳優だったはずで、回顧上映なんかがされるといいな。

今年はシャンソン歌手バルバラの死後20周年、そして今日はバルバラの誕生日

 今、フランス語がマイブームで、学生時代から離れていたシャンソンを聞いてるが、当時良く聞いていた歌手の一人にバルバラがいる。日本でも「黒い鷲」などで知られていて、クミコの「わが麗しき恋物語」の原曲の作者ということでも知られている。

 私がバルバラを初めて聞いたのは、シャンソン集の中のジャック・ブレルの「行かないで」のカバーで、その歌い方は何か居住まいを正さずにはいられない迫力に満ちていて、バルバラ・ベスト盤などを買い求めるようになった。ちなみに「行かないで」は様々な歌手に歌われていて、フランス語版Wikipediaを見ると30人ぐらいにカバーされているようで、英語やヨーロッパ諸言語はもちろん、行かないで_(ジャック・ブレルの曲)を見ると日本語でも歌われている。また、フィギュア・スケートの曲としても時々使われているようだ。

 前の投稿でボブ・ディランについて書いたが、バルバラもボブ・ディラン同様にユダヤ系で、バルバラはヨーロッパということもあり、ナチスのホロコーストの脅威を直接受けており、その歌詞には死が常にまとわりついている。

 バルバラもボブ・ディラン同様、本名は別にあってモニック・アンドレ・セールという。セール(Serf)とはフランス語で封建時代の農奴を指すみたいだが、この姓がユダヤ系を示すのかどうかはわからない。また、バルバラの母方の祖母はオデッサ生まれのようで、Varvara Brotdsky(ヴァーヴァラ・ブロツキー)という名前だったとのこと。ボブ・ディランの祖母もオデッサ出身だったが、オデッサでボブ・ディランとバルバラがつながるとはなんというか、自分的にとても意表を突かれた感じ。

 バルバラには名曲が多いが、『小さなカンタータ』という曲が今のマイ・フェイバリット。2分程度の曲で、小品という印象だが、「シ・ミ・ラ・レ・ソル・ド・ファ」という印象的なフレーズが繰り返される中、亡くなった親友とのピアノを通じたやり取りが歌われる。歌詞は、親友の死後、一緒に弾いていた曲を弾くが、親友のように流麗には弾けないと嘆きつつ、親友のセリフとして「ほら、私が弾くから、あんたはさあ歌って、歌って、私のために」という歌詞がこの歌の中ではやや異質なささやくような声で歌われたりして、感情が揺さぶられる。他にも様々な趣向が凝らしてあって、技巧的にも素晴らしいと感じられる。

 ボブ・ディランが今回のノーベル賞受賞講演で述べた「音楽は人を感動させることがすべて(If a song moves you, that’s all that’s important.)」という言はまったくそうで、バルバラの曲や歌い方は人を感動させずにはいられないものがあって、「イージーリスニング」とは対極にあり、あまり気軽に聞けないのだが、それでも、こうした感動を求めて、これからも何度と聞くことになるだろう。

 ゴダールの『気狂いピエロ』で映画とは何かを聞かれたサミュエル・フラーは「一言でいえば、感動だ(In one word, Emotion)」と答えるのだが、歌にかぎらず、様々な表現行為はつまるところ、ここを求めるものなのだろう。

 もっとも、私の場合、日々感動してたら身が持たないので、何かにつけ「イージーリスニング」的なのに流れがちで、あまり最近はこうした創作物に触れる機会が少なくなっているが、それでもボチボチと触れていきたいと思っている。

 こちらは「小さなカンタータ(Une Petite Cantate)」を歌うバルバラの映像。関心のある方はどうぞ。

もし、ボブ・ディランが本名のユダヤ系の姓と類推される可能性のある「ジマーマン」で活動してたとしたら

 ノーベル財団がボブ・ディランのノーベル賞受賞講演を公開した、というニュースが出ていた。これで晴れて、賞金1億円を受け取れるとのこと。

 今、ちょうど、スコセッシの『No Direction Home』を少しずつ見てるとこなんだが、ボブ・ディランが本名のZimmermanからDylanに改名した時の逸話があって、リアム・クランシーというミュージシャンが冗談で「ディラン・トーマス、ハワユー」って呼んだら、彼はハッとした顔になった、という。ディラン・トーマスはウェールズの詩人。

 この映画のインタビューで本人は例の調子で「ある日その名が不意に浮かんだ。それしか言いようがない」などというが、トニー・グローヴァーというフォークシンガーによれば「人種の問題で名を変えたのかもしれない。ミネアポリスには反ユダヤの長い歴史があったからね」とのこと。

 彼のルーツは、ディランの言葉によれば「祖母はロシア南部の港町、オデッサからアメリカにやってきた。(中略)もともと祖母はトルコの出身で、対岸にあるトラブゾンから黒海(中略)をわたってオデッサにやって来た。」とのことで、Wikipediaによると祖父はリトアニアにいたらしく、父母も「小規模だが絆の固いミネソタのアシュケナジム・ユダヤ人の一員だった」とのこと。

 もし、ジンマーマンのままだったらどうなっていたか。名前からユダヤ人である可能性が想像される場合、その名前が背負うものに過剰に意味づけされて、今とは違った形で受容されていたのではないか。作品が作り手の意図しない形で受容されることはよくあるが、ディランの場合、それはよい方向には向かなかっただろう。というわけで、ボブ・ディランの場合、改名したことでそうした受容のされ方が回避されたといえるので、改名してよかったということになると思う。

 私も珍しい姓で生まれたが、ちゃんと読める稀ではない名前になって、気分的にちょっと楽になった。ルーツは個人にとって大切なものだが、時に鬱陶しくなる場合もある。ボブ・ディランは本名もディランに改名したらしいが、自分で姓をつけられる、というのも面白い文化で、長い目で見ると、それが認められる国が増えていくんじゃないかと思ったり。英米法の国だと改名の規制が緩めらしく、大陸系の国は厳しいらしい。日本もこういう面では大陸系同様やけに保守的なんであと何世代か経ないと無理かな。

ロシア語由来の言葉「コンプロマート(kompromat)」とは

 「コンプロマート」というロシア語起源の単語をかつての「ペレストロイカ」よろしく日本語記事で見かけるようになった。

 日本語Wikipediaにはまだ「コンプロマート」の項目は作成されていないが、現在、英語記事kompromatなどヨーロッパ言語を中心に12言語で記事が作成されている。

 この言葉はロシア語だと「компромат」で「компрометирующий материал」の短縮形。「…の名を汚す、…の名誉を毀損する」を意味する動詞компрометироватьの能動形動詞現在КОМПРОметирующий+資料を意味するМАТериал(material)という二つの単語から形成されている。

 昨今の情勢からトランプ大統領の評判を落とすような情報をロシアが握っており、それを指して「政治的弱み」という意味でコンプロマートという言葉が使われることが多いようだ。

 英語記事でA Russian Word Americans Need To Know: ‘Kompromat’ (アメリカ人は”コンプロマート”というロシア語単語を知る必要がある)というのがあり、プーチンがコンプロマートを利用してエリツィンから信用され大統領になった過程などが説明されている。

 この記事でも記載されているが、ロシア語サイトでそのものずばりのkompromat.ruというサイトがあり、見てみると昔ながらの作りとなっているが、今も投稿がなされており、例えば最新記事でいうと「映画監督のアレクセイ・ウチーチェリが100万ドルをカバンに入れて持ち出した」というのが2/10投稿の記事として出ていた。

 ちなみにこのサイトは政権寄りのも反政府寄りのもいずれも掲載する方針のようで、純粋にビジネスとしてやっているとのこと。

 個人的には、日本の政治家がアメリカにこうしたコンプロマートを握られていて、アメリカ属国状態が敗戦後ずっと続いているのではないか、と思うことがある。日本はこうした情報戦が得意でないといえるが、こうした面で内外とも情報監視強化の方向に進むであろうと思われる。そうした状況にあっても、萎縮せずに情報発信できるよう、情勢を注視していきたいところ。