「時事」カテゴリーアーカイブ

ロシア語由来の言葉「コンプロマート(kompromat)」とは

 「コンプロマート」というロシア語起源の単語をかつての「ペレストロイカ」よろしく日本語記事で見かけるようになった。

 日本語Wikipediaにはまだ「コンプロマート」の項目は作成されていないが、現在、英語記事kompromatなどヨーロッパ言語を中心に12言語で記事が作成されている。

 この言葉はロシア語だと「компромат」で「компрометирующий материал」の短縮形。「…の名を汚す、…の名誉を毀損する」を意味する動詞компрометироватьの能動形動詞現在КОМПРОметирующий+資料を意味するМАТериал(material)という二つの単語から形成されている。

 昨今の情勢からトランプ大統領の評判を落とすような情報をロシアが握っており、それを指して「政治的弱み」という意味でコンプロマートという言葉が使われることが多いようだ。

 英語記事でA Russian Word Americans Need To Know: ‘Kompromat’ (アメリカ人は”コンプロマート”というロシア語単語を知る必要がある)というのがあり、プーチンがコンプロマートを利用してエリツィンから信用され大統領になった過程などが説明されている。

 この記事でも記載されているが、ロシア語サイトでそのものずばりのkompromat.ruというサイトがあり、見てみると昔ながらの作りとなっているが、今も投稿がなされており、例えば最新記事でいうと「映画監督のアレクセイ・ウチーチェリが100万ドルをカバンに入れて持ち出した」というのが2/10投稿の記事として出ていた。

 ちなみにこのサイトは政権寄りのも反政府寄りのもいずれも掲載する方針のようで、純粋にビジネスとしてやっているとのこと。

 個人的には、日本の政治家がアメリカにこうしたコンプロマートを握られていて、アメリカ属国状態が敗戦後ずっと続いているのではないか、と思うことがある。日本はこうした情報戦が得意でないといえるが、こうした面で内外とも情報監視強化の方向に進むであろうと思われる。そうした状況にあっても、萎縮せずに情報発信できるよう、情勢を注視していきたいところ。

プーチン大統領訪日を機に、北方領土問題や今回の件について思ったこと(3) ~ダレスの恫喝について~

(つづき)

 北方領土問題についての書物で必ずといってよいほど言及されている「ダレスの恫喝」について。

 「ダレスの恫喝」とは、日ソで二島返還で手を打とうとしたら当時アメリカの国務長官だったダレスが沖縄をアメリカのものにするぞと横槍を入れてきたとされるものだが、本当にあったのかどうか疑わしいという話もあり、ガイアツを利用して日ソ関係が正常化してほしくない勢力があったことにした可能性もあるのではないか、と思ったりしている。

 その後、沖縄は返還され、ダレスの恫喝の影響はなくなったはずだが、アメリカの機嫌を損ねるとやばいので、教条主義的に北方領土については四島返還で譲歩しないことにしておこう、という方針のみが独り歩きしてしまった、というところだろうか。

 ところで、ダレスの恫喝の前に二島返還で決まりかけた瞬間があったようで、全権としてソ連と交渉した重光外相についての「重光葵」という本の中に以下のような一文がある。

 重光は東京にソ連案(注:二島返還)での妥結を要請したが、政府・自民党の首脳会談は日ソ交渉の中止を指示してきた。重光は八月十ニ日の日記に「連日連夜協議及び次の準備。全権団は一致結束、妥結論なり。新聞記者も同様、東京を罵る。鳩山は愈々病人なり。夜半二時迄、全権団協議、東京への最後の意見を出す。東京に政府なしとの声、新聞記者の間に満つ」と憤懣を記す。
 重光全権の急な方針変更は「豹変」と受け取られており、鳩山一郎もその回顧録で「出発の時まであれほど強硬な意見をはいていた重光君が、モスクワに入ると間もなく、急角度にカーブを切って、何故にこのような方向に進もうとしたのか――今考えても私には全く見当がつかない。」(p232)

 このあたり、重光側の思惑として、ポスト鳩山をにらんだ動きだったとか、鳩山に事前に二島返還の方針がまったく知らされておらず、寝耳に水だったため、中止を指示せざるを得なかったとか、いろいろあったらしいが、ちょっとようわからん。もうちょっとそれぞれがうまく噛み合っていたら、実は二島返還で妥結出来てた可能性はあったのかもと思えてくる。ただ、ダレスの恫喝以上のアメリカの怒りを買う可能性はあったかもしれず、当時、日ソ共同宣言でやっと国連加盟が実現した(国連での演説は重光が担当し、「日本は東西の架け橋になる」と述べた)ことを考えると、当時の状況としてはこれで精一杯だったんだろうとも思う。

プーチン大統領訪日を機に、北方領土問題や今回の件について思ったこと(2) ~安倍首相のことやロシア語記事について少し~

(つづき)

 もうひとつ、思ったことを書いておくと、安倍首相の「私たちの世代で解決しなければならない」という文言が気になった。もちろん、ご高齢である元島民の皆さんの気持ちを考えると可能な限り、早く何とか解決の道筋をつけたい、という気持ちになるのは当然だろう。しかし、プーチン大統領が言うように「期限をもうけるのは有害」というのは確かで、こうした機微な問題では前のめりになった側が足元を見透かされてしまう。双方の政権基盤が脆弱でないが故にお互い多少の譲歩が可能、という論はどうやら、日ロ間には当てはまらず、世界で最もタフな交渉相手であるプーチンにとって、ロシアの国益に沿わない話はまったく聞き入れられないだろう。

 ちなみに、元島民の手紙がプーチンの心を動かしたか、という点について、プーチン大統領に元島民の手紙渡すも ジャーナリストが断言「通用しない」という意見があり、それはもちろんそうなのだが、プーチン自身、「очень трогательные письма」(とても感動的な手紙)と表現しており、心は動かされたであろう。ただの冷酷無比な男ではないからこそ、ロシア国民の絶大なる支持を集めている面があり、そうした面も踏まえて発言し、行動している。ただ、プーチンはロシアの国益が害される場合は徹底的に冷酷無比になれる男でもあり、元島民の手紙はその当たりは踏まえていたのではないかと思われる。四島返還を希望する旨はおそらく訴えてはいなくて、四島を日ロ友好の島にしてほしい、という希望が述べられていたのではないかと思う。ただ、それによって、方針を変えることはない、というのはその通りだろう。

 安倍首相の言でいつも気になってしまうのがプーチンを「ウラジーミル」と呼びかけているところ。ファーストネーム外交ってことのようだが、どうにも違和感が半端ない。違和感の源の一つはそもそもが本当に親しいわけでもなさそうなのに、そう述べているところから来るわけだが、ロシア人の場合、ウラジーミルという名前を持つ人はたいていウラジーミルとは呼ばれない、という点も引っかかる点。英語でもロバートがボブになったり、マイケルがミッキーになったりするが、ウラジーミルは「ヴォロージャ」とか「ヴォーヴァ」と呼ばれることが多い。これにはプーチンもちょっと違和感を覚えているはず。ただ、「ウラジーミル」と呼ぶのは多分に国内向けパフォーマンスであり、相手がどう思おうが意に介していないのかもしれない。

 ちょうどこちらのクレムリンのサイトに共同会見と質疑応答の全文が出ていたので、安倍首相がウラジーミルと呼びかけている回数を数えたところ、6回だった。

 プーチンも仕方がないからか「シンゾウ」と述べている箇所があるが、音声で聞くと、言ったか言わないかぐらいの速度で述べており、非ネイティブには正直言われないと気づかないレベル。ちなみにプーチンが「Синдзо(シンゾウ)」と呼びかけているのは以下の一箇所のみ。

Это замечательное место. Я, Синдзо, благодарен тебе за приглашение посетить твою малую родину.

素晴らしい場所で、シンゾウ、君の小さな故郷に招待してくれて、感謝している

 他、ロシア語記事で興味深かった点は、今回の日本の提案が「日本のトロイの木馬」として警戒されている面があること。日本に人が余っていて活力にあふれた社会であれば、大挙して北方領土に人の波で「攻め入る」という戦略もあっただろうが、民主主義社会である日本で自らの意志でわざわざ日本での快適な生活を捨てて、北方領土のような不便な場所に移住する人はそれほど多くはないだろう。これはロシア側の杞憂ではないかと思われる。

 「シリア問題ではロシアを支持(ロシア側発表)」という日本語記事が出ていたので確認したところ、ラブロフ外相の言として、以下のような発言があった。

Абэ обсудили ситуации в Сирии и на Украине.
Здесь у нас позиции практически совпадают.

プーチン・安倍両首脳はシリアとウクライナ情勢について議論した。この点につき、我々の立場は実質一致している。

 かなり雑な発言だが、国際社会に向けた発言としてまんまとミスリードされてしまったようだ。いや、実際に会談で一致したんかもしれないが、その辺りはこの件についての発言が確認できなかったので分からない。

 こちらに交わされた文書の68項目に及ぶリストがある。今の私の関心分野である、林業や木材関係でいろいろと目を引くものがあるが、他にも、ロスアトムと経産省・文科省との間で原子力の平和利用に関する覚書が交わされているとか、富士通とロシアのソフトウェア会社でOCRソフトなどを開発しているABBYYが人工知能による多言語文書処理で協力とか、モスクワ大学と東北大学が協会設立で合意、など広範囲な分野で日ロ協力が始まる可能性がありそうだ。ロシア流に慣れていないと、当初はいろいろと戸惑うことばかりだろうが、人的交流が拡大することは相互理解に役立ち、それがくだらない誤解に基づく諍いを未然に防ぐ効果があるだろうから、すべてうまくいくわけではないだろうが、よりよい未来につながる成果が残せるといいと思う。

 ちなみにこちらの毎日新聞のサイトに全リストが出ている。ロシア政府側はすぐにこうした文書リストをアップしてるのに、日本政府側はちょっと探したが、見つけられなかった。今、河野太郎大臣が規制改革の一環で研究者の皆様へと題して、大学のローカルルールをまとめるなどして、非合理的な役所文化に切り込んでいるが、こういうところは後進国で、諸外国を見習って欲しいところ。

(つづく)

プーチン大統領訪日を機に北方領土問題や今回の日ロ首脳会談について思ったこと(1)

 プーチン大統領訪日の日程が終了した。アウェイであるにもかかわらず、遅刻術を多用したプーチンに終始ペースを握られ、領土問題についてもさして進展はなく、日本国内ではがっかりした、という意見が多いようだ。私はこの件についてそんなには追えていないが、北方領土問題や今回の件について思うことを書いてみる。

 ロシアに関わったことのある人なら誰でも、とっとと平和条約を締結して、関係を普通にしてほしい、と思ったことがあるはずだ。二国間関係が時の政治の影響で良くなったり悪くなったりすることはよくある話だが、ロシア(ソ連)とは良くなったことが戦後一度もない、と言ってよいだろう。なので、どんな形であれ、こうした膠着状態を打開しようとする関係者の努力には敬意を表するものである。

 今回のプーチン大統領訪日で日本側はあまり成果を得られなかったが、長い道のりの第一歩を踏み出すことはできたとはいえるのだろう。今回、運が悪かったのは、トランプ大統領が誕生し、このタイミングで親ロシアともいえる実業家が国務大臣に据えられたことがあり、ロシア側が譲歩しないことのちょっとした追い風にはなったであろうし、中ロ関係もまずまずの状態を保っていることなど、ロシア側が歩み寄るインセンティブがなかった。

 去年の9月の日ロ首脳会談で手応えがあった、ということが報じられ、日本側に前のめりの姿勢が見られたが、その後、トーンダウンしていった。これは「領土問題解決に対する過剰な期待」を抑えるためだった、とのことだが、どうしても、ロシア側に一旦は乗せられたものの、はしごを外された感が否めない。

 数少ない成果といえる共同経済活動については、相手が例えば同じ東アジアの島である台湾など、文化的バックグラウンドが比較的近い国(地域)ならともかく、メンタリティやら文化・宗教など生活習慣がまるで違うロシアという国との間で実施するのは、現実的でないと言わざるをえない。かつて社会主義陣営にあった国の商習慣は日本とはまるで異なっていて、行政なども賄賂の授受は当たり前で、そうした国の人々は賄賂を渡したり受け取ったりするのに慣れているものだが、日本も昔はあったとはいえ、そうした国相手のビジネスに慣れている商売人ならともかく、日本の通常の企業の商習慣とはいろいろと相容れない。これはあくまで平和条約締結するための道程の一つに過ぎず、一過性の試みに終わる可能性があり、あまり永続的なものとして制度設計すべきでないだろう。

 また、「特別な制度」が大きな穴となって、様々な物や人が日本国内にも入ってくることになるだろうから、この制度が日本の社会にとって、忌むべきものとみなされる恐れもあるように思う。それは日ロをますます遠ざけるものになるだろうから、その特別な制度は日本のともロシアのとも違うものにしないといけない。しかし、そうすると、ビジネスそのものが大変めんどくさいものになり、まったく盛り上がりにかけるものとなる可能性がある。そして、こういう場合、機を見るに敏な黒い紳士たちがわんさかやってきて、おいしいところをかっさらう、ということになりがちで、まともな企業ほど二の足を踏む、ということになってしまう。

 今回は信頼醸成の第一歩という位置づけだろうが、そもそも制度がロシア側のいいようにコロコロ変わる可能性があり、日本のメンタリティとしてそうしたやり方に信を置くのは困難でむしろ不信感が醸成されてしまう可能性もある。

 BBCロシア語のサイトに以下のような識者の意見があった。

Японская элита прекрасно понимает, что Россия два больших острова никогда не вернет, поэтому они готовы взять максимум – два маленьких. Но как объяснить обществу, что они навсегда отказываются от больших островов?

日本のエリートはロシアが二つの大きな島(択捉・国後)を決して返さないことをよく分かっているので、可能な最大(二つの小さな島、つまり色丹・歯舞)を取ろうとしている。しかし、どうやって二つの大きな島を永遠に放棄することを国民に説明すればよいのか。

 政府広報等で一般国民向けに「北方領土は日本固有の領土です」と言い続けてきたが、そのツケが今回ってきた、と言えるのかもしれない。今も四島返還以外に認められない、という向きもあるが、ポジショントークってやつだろう。

 私も折に触れて北方領土関連の本などを読んできたが、最終的な着地点はもう二島返還しかないのではないかと思う。戦争に負けたこと、アメリカの庇護下にいることで繁栄を一時謳歌したこと、時間が経過しすぎたこと、などがその理由だ。

 アメリカは今回の会談でも宗主国よろしく、日本側を牽制する発言をしているが、これまでの日ソ・日ロ交渉でもアメリカは大きな役割を果たしてきている。特に、今回プーチン大統領も会見で言及した、いわゆる「ダレスの恫喝」がそれなりに効いているのかもしれない。

 北方領土のロシア人住民は三世代目に入っており、すでに島々は彼らにとっての故郷となっている。仮に返還されたとして、彼らを退去させるのか。それは元島民も本意ではないと述べており、ロシア国籍のまま住み続けることを認めることになるだろう。返還後、北方領土に引っ越して居住する日本人はどれほどいるか。一時的にビジネス絡みで滞在する人は多数出るだろうが、多くは単身赴任で、一家で引越しするような人はほとんどいないはずだ。とすると、外国人が多数を占める地域が日本国内に出現することになる。二島返還の場合、色丹島が返還されることになるが、人口はWikipediaロシア語版を見ると2820人とある。在日外国人が多数を占める地域は確かに存在するが、そうした地域には日本人も混じっており、一行政区がほぼまるごと外国人で占められるような場所は戦後なかったはず。ロシア系住民と日本人との間で揉め事が起こらないとも限らないが、一体、どのように処理していくのか、事前によくよく検討しておかないといけないだろう。

(つづく)

なぜトランプは演説の最後にローリング・ストーンズの名曲「無情の世界(You Can’t Always Get What You Want)」を流すのか

 ”You Can’t Always Get What You Want”(欲しいものがいつも手に入るとは限らない)の印象的なフレーズが繰り返される、ストーンズの名曲をトランプ陣営は演説の締めで流している。ストーンズ側は使用許可を出してないし、使うなと述べているが、トランプ陣営はお構いなしに今回も使った。

 ミック・ジャガーはツイッターで「この曲を就任式で歌ってくれって言われるんとちゃうか」と皮肉を述べている。

 しかし、この曲、トランプ的な人がチョイスする曲としてはちょっと奇妙だ。共和党好みの曲としてはスプリングスティーンの「Born in the USA」が有名だが、こうした場面ではこの曲のようにみんながハイになるような、ノリノリの曲を流すものだと思うのだが。

 ざっと検索したところ、日本語記事で解説したサイトを見つけられなかったので、ちょっと考えてみたのだが、おそらく、曲調よりも歌詞の方を重視してチョイスされたのではないか。そして、結果として、荘厳さすら感じられるこの曲調も悪くない、と判断したのではないか。

 「欲しいものはたいてい手に入らない」と何度も何度も繰り返す曲だが、重要なのは、このリフレインのあとに” But if you try sometimes well you just might find. You get what you need.”(でも、やってるうちに、手に入ることがあるかもね)という一文があること。曲名は「無情の世界」だが、最後に希望が述べられていて、トランプ支持者が日常感じている閉塞状況が打破されるイメージを醸すのにちょうどいい、ということになる。

 この曲には血なまぐさいイメージを醸し出す部分があって、女性がワイングラスを持ってるがその中に血まみれの男がいて、彼女はごまかす技術に長けてるがその手が血塗られてるのを俺は知っている、みたいな歌詞がある。この状況でこの女性がヒラリー・クリントンでなければ誰なんだ、という話で、この曲を聞かされる人はクリントンへの忌避意識が増幅される仕掛けになっている、ということかもしれない。

 ここで英語記事を少し調べたところ、ガーディアン紙がHow You Can’t Always Get What You Want became Donald Trump’s bizarre theme songという記事を出しているが、理由ははっきりしない。むしろ、私はこちらの記事の「たまたまプレイリストにあった曲だった」説が意外と当たってたりするんじゃないか、と思った。トランプ陣営が非常に緻密な計算をして大統領職に上り詰めた可能性はあるだろうが、大枠の方針だけはしっかりと決めて細部はアバウトにやってるような気がする。

 ちなみに記事では「それは少なくとも”Sympathy for the Devil.”ではなかった」なんて書いてるが、さすがにこの曲を流す選択肢はなかっただろう。邦題は「悪魔を憐れむ歌」だが、これは確信犯的な誤訳だったという話があり、当時の日本の世相で「悪魔にシンパシーを感じる」なんてのはご法度でとてもそのニュアンスを含む日本語タイトル名にはできなかった、という逸話があったはず。私はこの曲が結構好きで、世界史の舞台を悪魔が飛び回り、ローマ帝国のピラトが手を洗うところやロシア革命で皇帝が殺され、アナスタシアが叫ぶところなどが描かれ、ケネディを殺したのは誰だ、お前と俺だ、みたいなちょっとドキッとする一文も入っている。そして、俺様に敬意を払わないと大変な目に会うぞ、みたいな警告を最後にぶっ放す。ゴダールの「ワン・プラス・ワン」はこの曲のレコーディング風景だが、ブライアン・ジョーンズがおかしくなり始めてる時期に撮影されていて、とても興味深い映像になっている。

 暗殺で思い出したが、WASPでない大統領は非業の死を遂げる、と言われたりして、オバマの暗殺が大変心配されていたが、無事8年間勤め上げようとしている。トランプについては、早くも暗殺ではなく、弾劾されるのでは、という憶測が出始めている。弾劾という仕組みは用意されているものの、アメリカの歴史上、一度も実行されたことがない。異例づくしのトランプ次期大統領は、この点でも異例ぶりを発揮して、弾劾される可能性は確かにありそうかもとも思いつつ。

 9月からのデスマーチで精神がやられておりましたが、こうして3日連チャンで投稿出来る程度には回復してきたようです。いろいろと動き始めようと思っておりますので、皆様よろしくです。


追記:

 こちらの記事によると、以下のようにSympathy for the Devilも使われているとのこと。Let’s spend the night togetherまで使ってるんだから、相当の確信犯ってことかもしれない。

トランプ氏の集会は最近、演説終了後にストーンズの「スタート・ミー・アップ」を流すことが定番になっており、始まる前にも「夜をぶっとばせ」「悪魔を憐(あわ)れむ歌」「無情の世界」などの曲が会場でかかっている。米メディアによると、選曲はトランプ氏自身が判断しているという。