「ウクライナ」カテゴリーアーカイブ

ウクライナ動乱から1年が経過

 ウクライナ動乱から1年が経過した。イスラム国のこともあって、停戦合意や合意崩壊危機のニュースも、NHK7時のニュースなどでトップニュースにはなるものの、日本国内での関心は低下してきているように思う。

 もちろん、こうも愉快でないニュースばかりが伝えられ、いい加減、食傷気味になるのも仕方のないところで、おそらく、イスラム国のことも多くはもうたくさん、ってところではないかと思う。

 いずれも日本から遠い場所での出来事であり、自分の生活範囲内と関係があるとは思えないため、そうした反応になるのも仕方のないところだろう。私も含めた話だが、日々の生活に追われていると、新奇な出来事を受け入れるキャパというものがあるようで、それを超えるともう入らないらしいのだ。

 そうはいっても、である。もはや、いずれの国・地域も鎖国する時代ではなく、遠くの国・地域の出来事がすぐに自分の周囲に影響する可能性がある時代である。特にインターネットの恩恵で(これは功罪あるが功が大きいと考える)遠くの出来事でもその気になれば、いくらも情報を得ることができる時代であり、一時的に低下してでも、関心を持続する、ということが大切なのだと改めて思っている。

 私のツイッター・アカウントはほとんどウクライナ・ニュース・ボットと化している有り様だが、関心を持続するためにやっている面があり、フォロワー数はぐいぐいと減る一方だが、懲りずに続けている。一応、他にも関心分野は多くあるが、なかなか仕事メインで生活してると時間が取れず、さらに育児にも結構時間を取られるので、ちょっと当面は余裕のない生活が続きそうで。

 ウクライナ情勢については、私はウクライナ人には怒られるかもしれないが、軍事力の差は歴然としており、さらに領土を削られる危険があることを承知しつつも、とにかく、一般人が無為に殺されている現状はどう考えてもまずいので、現状で停戦として欲しいと切に願う。

 あまりきな臭いことは言いたくはないが、「臥薪嘗胆」という言葉があり、この言葉は日本がロシアを含む国から三国干渉を受けた時にスローガンとなった言葉だ。ウクライナの人たちは腸が煮えくり返る気持ちでいるだろうが、今はどうか耐え忍んでほしいと思う。

 一応、言っておくと、一方でロシアだけを悪者にするのも私はどうかと思う。一部で言われているように、中途半端にちょっかいを出している国の方がもっとタチが悪い、という話もあって、陰謀論めく話ではあるが、いくらか私も同意出来る面があると思っている。ただ、プーチンという今のロシア人の多くが支持する一人の人間の思惑が今回の事態を招いている面が大きく、また、クリミア併合以降の動きは、怒りまくったプーチンが後先考えずに感情的に決めたのではないか、という見解があり、私はこれが正解に近いのではないかと思っていて、プーチンは時々ウクライナ人を同じスラブ民族の「兄弟」と言うが、とっくにウクライナ人の方では見切りをつけており、プーチンが今後長期間に渡るウクライナのロシア離れを決定的にしたといえると私は考えている。そして、これはウクライナ人・ロシア人双方にとって不幸なことだったと思う。

 ウクライナが現状でEUに入って、一般の人たちが幸せに暮らせるのか、というと、ギリシャ周辺の動きを見ても、ちょっと見込みは薄いのではないか。ウクライナ国内には東南部に限らず多くのロシア系住民が、そしてロシア国内にもウクライナ系の人が多数住んでおり、ベラルーシもしかりだが、この三カ国は分かち難い関係にあり、ソ連崩壊からまだせいぜい四半世紀を経た程度の現状では、まだこのような離反はすべきではなかった。

 ネット上でウクライナ関連の言説を見てると大上段から識者面して分析する人たちの言が時々目につくので嫌になるが、私は国籍問わず最も被害を被っている一般人への眼差しの在処がその品性を見極めるポイントかと思っている。もっとも、品性などというと、十分お下劣な私にもリバウンドで帰ってくるので、今日はこの辺でやめといたろ。

ザポリージャ原発で放射能漏れ、という報道はロシアメディアによる文書改竄に基づいた記事だった可能性

 昨日、「ザポリージャ原発で放射能漏れ?」というエントリーを書いたが、ロシアのメディアによる文書改ざんであったとするウクライナ国家非常事態局のザポロージェ支局の声明をウクライナ独立通信社UNIAN紙が現地時間12月31日20時の記事として報じた。

ГСЧС: Радиационный фон на Запорожской АЭС в норме, российские медиа сфальсифицировали документы

 記事の中でオリジナルの文書と改ざんされた文書を並列して改ざん箇所を示しており、フォトショップ系の画像エディタで改ざんされたものだとしている。

 この情報の発信元のLifenewsというサイトはよく知らないのだが、WikipediaのLifenewsの項 によると政府寄りの”pro-Kremlin”な人物により運営されているようで、メディア工作の一環だったんじゃないかと。

ザポリージャ原発で放射能漏れ?

 ザポリージャ原発で許容レベルの16倍の放射能漏れ、というニュースが出ている。たとえばRTの「Radioactive leak at major Ukrainian nuclear plant – report」という記事。Lifenewsというロシアのサイトがウクライナ国家非常事態局(旧ウクライナ非常事態省)の内部文書を入手したとして、こちらで報じている。

 Lifenewsで出ている文書の赤線が引かれた部分に確かに原発のバックグラウンド放射線は4.9マイクロシーベルト/hで許容量の16.3倍高い、とある。許容量は4.9÷16.3で0.3μSv/hとして算出されている。

 この情報について、ウクライナの主要ニュースサイトをざっと見て回ったが、特に言及はなかった。ニュース検索すると概ねロシアのサイトが報じているようだ。ウクライナのサイトもロシアのサイトが報じた、として報じている場合もあったが。

 当局が隠蔽している可能性もあるが、ウクライナではメディア規制はロシアなどよりは緩めであり、このニュースを主要サイトがすべて黙殺するかなぁ、というのは、私の今現在の感想。

 ちなみに、私が信を置くウクライナ人にウクライナニュースサイトで信頼できるサイトはどこか、と聞くと、ウクラインスカ・プラウダ、しかない、とのことで、出来るだけここのサイトは見るようにしているが、ここもこの件についての言及はない。

 ザポリージャ原発公式サイトの現在のモニタリング値はこちらで参照できる。 現在、5-12μレントゲン/hで、平常値である。ちなみにあちらでは今もレントゲン表記が多いので、100で割るとおなじみのマイクロシーベルトに換算できる。(つまり、0.05-0.12μSv/h程度)

 ふと思ったのだが、単にマイクロレントゲン表記をマイクロシーベルトと勘違いした可能性はないか。5マイクロレントゲンを5マイクロシーベルトと間違って解釈したとか。

 一時的に急上昇することはありえるので、この情報がガセだと断定するにはまだ早いと思うので、続報を待ちましょう。

ザポリージャ(ザポロージェ)訪問記

2014年9月にザポリージャ(ロシア語読みで「ザポロージェ」)を訪れたときの雑記をまとめました。

ザポロージェ訪問記1 ウクライナ東部のコサックの街・ザポロージェへ

ザポロージェ訪問記2 ザポロージェのレーニン像

ザポロージェ訪問記3 ザポロージェからエネルゴダールへ

ザポロージェ訪問記4 ザポロージェ原発の衛星都市エネルゴダール

ザポロージェ訪問記5 欧州最大の原発・ザポロージェ原発へ

ザポロージェ訪問記6 エネルゴダールの街並み

ザポロージェ訪問記7 エネルゴダール郊外

ザポロージェ訪問記8 街の建築散策

ウクライナの地名表記問題 ~ クィーイィウかキーウか、キイフはどうか

 この前、世間話をしていた時に「中国に行く」と言われて、話の流れから隣国の中国のことではないな、と一瞬考えた後わかったのだが、日本では中国というと、隣国の中国と広島などがある中国地方の中国があって、大変紛らわしい。一応、中国地方の方が先なのだが、今やほとんどの人は中国というと国の方を先に思い浮かべるだろう。

 さて、昨日、こんなニュースがあった。

政府 グルジアを「ジョージア」に表記変更へ

グルジア側の要請に応じ、ロシア語を起源とする現在の表記から、英語に由来する「ジョージア」という表記に変更する方針を固め……

 ジョージアというと、日本では、まず缶コーヒーが来て、でなければ、アメリカの州かな、って感じだが、これからはさらに国名が加わり、三つ巴の戦いが頭の中で繰り広げられることになる。正直、紛らわしくてちょっと勘弁な改名だが、当地の方がそう呼んでほしい、という以上、日本側としては希望に沿わないわけにはいかないだろう。

 ウクライナの地名についても、ソ連時代からの呼び方が踏襲され、今に至るまで日本ではロシア語表記が主流となっている。キエフしかり、チェルノブイリしかり。特にこれらの地名は日本国内での浸透度が高く、ウクライナ語読みにすると、いろいろと不都合をきたしてしまい、こうした地名についてはこのままとせざるを得ない、というので、今まで来た。

 ただ、今後もこのままずっとロシア語読みを続けるのかどうかについては、クリミア併合でウクライナのロシア離れの流れは長期的に見て決定的だと思うし、グルジア同様に日本での呼び方を変えてほしい、という依頼が来る可能性はあるのではないかと思っている。

 しかし、ここに少々微妙な問題が発生する。個人的な意見だが、ウクライナ語をそのまま出来るだけ正確を期してカタカナに変えると、日本語として、どうにも座りの悪い語感になってしまうのだ。特に首都のキエフは厄介で、発音に忠実だと「クィーイィウ」あたりになるが、この表記はちょっと一般向けとしては無理があるだろう。そういうわけで、キーウかキイウあたりが候補にあがっているのだが、これらも日本語としてしっくりこない。逆引き広辞苑で見ても「ーウ」も「イウ」で終わる言葉はなく、現地の発音に拘りすぎない方がよいのではないかと思う。(「まいう~」とか一応あるけどね・・・)

 あと、ウクライナ語やロシア語には母音で「ウイ」という音があり、ウクライナ語の地名では結構この音が登場するのだが、「ムィコラーイウ」とか「ジトームィル」とかちょっと日本語として発音しにくい表記になってしまう。(実はチェルノブイリの「ブイ」もそうなのだが、これはちょっと例外ということで)

 ではどうすればいいのか。いろいろ考えた結果、私のおすすめは「キイフ」。ナイフとかワイフとか「○イフ」で終わる言葉もあり、日本語としての語感も悪くないし、何より「キイフ」だと話の流れで「キエフのことかな?」という類推がしやすく、混乱を最小限に抑えつつ、ウクライナ語読みに移行できるメリットがある。

 あと、キイフは英語表記のKyivの発音に近いのも大きなポイントだと思っている。少なくともあと100年以上は世界の最重要言語であり続けるだろうし、頻出でない地名の英語読みというのは、なかなか覚える機会がないので、そのままの発音で通じる、というのは、無視できない重要性があると思っている。ちなみに、キエフの英語表記は以前はKievだったが、徐々にKyiv表記が浸透しており、今後、英語圏の人たちや英語学習者はキイフという発音に移行していくことになるはずである。

 「キイフ」の最大の問題は最後の音に「フ」という本来、ウクライナ語にはない音が出てきている点だが、現実を見てみると、例えばウクライナ第二の都市の今までロシア語読みで「ハリコフ」と呼ばれてきた街をいろんな呼び方で検索すると「ハルキウ」が優勢だが「ハルキフ」も多くひっかっかる。これは英語から直接カタカナにしたためだと思われるが、今後もこの類推での表記がなくなることはないと思う。であれば、この際、フ終わりを正式にしてしまえばよいのではないか。グルジアがグルジア語での国名「サカルトヴェロ」には拘泥せず、英語の圧倒的な浸透力という現実から英語読みの「ジョージア」にするという決定を下したひそみに倣えばよいのではないか。

 このあたり、日本在住のウクライナ人に聞いてみたところ、キエフよりも、国名の「ウクライナ」の発音が気に入らない、という予想外の答えが返ってきた。首都名よりも国の名前か。「ウクライーナ」と書くと近い発音になると思うが、カタカナを発音するときの都合上、どうしても、低高高低低となってしまうので、これはちょっとどうしようもないかも。ちなみに、ロシア語とウクライナ語で発音は微妙に異なるが、「ウクライーナ」で表せると思うが、「ウクライナ」を「ウクライーナ」に変更する必要は私はないと思う。

 英語読みに関して言えば、ウクライナはUkraine「ユークレイン」になるわけで、これに近づけろというのか、と迫られると怯んでしまいそうだし、かつてリボフと呼ばれた西ウクライナの街Lvivについて言えば、自分の中ではすでに「リヴィウ」が定着していて、新聞などでもリビウが使われ始めており、キエフをキイフにするなら、リヴィウはリヴィフやリビフにしなくてはならなくなる道理だが、すでにリビウ・リヴィウが定着し始めている現状で果たしてそれが可能かと言われると少々心許ない。

 このように様々な事情があるとはいえ、どこかでえいやっと移行した方がいいのではないかと思っている。今、かつてないほどウクライナが注目されており、このタイミングで移行を検討してはどうだろうか。一般の人は別にキエフ表記のままでいいが、政府やマスコミが新表記を使用していくと徐々に移行していけるんじゃないかと思う。(徐々にといっても数十年単位の話だが。。。)

 ちなみに、先日、ウクライナ大使館のツイッターアカウントで「キイフ」表記でのツイートがなされていた。キイフで二度ツイートされているので、打ち間違えた、とかではないと思う。

 ごちゃごちゃゆうてまいりましたが、私の意見はこうです。

国名はそのまま「ウクライナ」
首都名は「キイフ」
他の都市は英語読みに合わせる。英語読みはウクライナの方で決まった表記があるので。
ただし、チェルノブイリはチョルノブイリだが、そのまま「チェルノブイリ」

 ただし、決定がなされないうちは、私の中でも揺れ続けていこうと思います(笑)。当面、東ウクライナはロシア語表記、西ウクライナはウクライナ語表記、首都はキエフという表記にしていくことになると思います。